日記と少しの短歌。コメント、トラバはご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
010:握 (如月綾)
偶然に触れた指先 握る勇気があのときの僕にあったら
別窓 | 題詠2007 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
009:週末 (如月綾)
本当はあなたと過ごすはずだった週末 誰も誘えずにいる
別窓 | 題詠2007 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
008:種 (如月綾)
種明かしすればチープなことだった あの時君は輝いてたけど
別窓 | 題詠2007 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
007:スプーン (如月綾)
魔法薬まぜこむみたいに慎重にスプーンでコーヒーかき混ぜる指
別窓 | 題詠2007 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
006:使 (如月綾)
突然に扉を叩いて使者が来て あたしを連れ出す日を待っている
別窓 | 題詠2007 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | お気に召すまま | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。