日記と少しの短歌。コメント、トラバはご自由にどうぞ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
生と死と。
・もう孫の顔もわからないおばあちゃんの眸の奥には何が映るの?
・いつの日か僕に終わりがくるときは あなたが傍にいてくれたなら



少し重いエントリなります。
最近、身内でいろいろありまして、ちょっと生と死について考えるのですが。
ボケちゃって、子供とか孫のこともわからなくなっちゃって、それでも生きているのと、もう余命数ヶ月とか言われても、それでも最後まで好きなことできるの。
どちらが幸せなんだろうとか思います。
後者のほうが、幸せなんじゃないでしょうか。なんてそんな風に思ったりもして。
いや、まだ死にたくはないんですけども、それは、誰にでも絶対に訪れる瞬間だから。
そしてその瞬間には、大切な誰かが傍にいてくれたなら、それで幸せな気がします。
あー、グダグダ。
スポンサーサイト
別窓 | 短歌。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<002:指 (如月綾) | お気に召すまま | 001:風 (如月綾)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| お気に召すまま |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。